PMS(月経前症候群)鍼灸

PMS・PMDD対策

 

 

 

 

PMS(月経前症候群)と

PMDD(月経前不快気分障害)

PMS(月経前症候群)の自覚症状

 ・イライラ・うつ傾向・ネガティブ思考などの精神症状

 ・頭痛

 ・浮腫(下腿などのむくみ)

 ・めまい                     etc

 

PMDD(月経前不快気分障害)

  PMDDは生理がある女性の5%にみられる症状と

  言われています。

  特に精神的な症状が強く、日常生活に障害が出る程の

  ケースもあります。

 

 

PMSもPMDDもその原因は、生理周期に伴う

女性ホルモンの変化であることは周知のとおりです。

個人差はありますが、生理の1~2週間前から症状が現れ、

生理が始まると消失します。

 

具体的な対策は、人それぞれ異なります。

 

 

医療の対処療法、漢方や鍼灸、ハーブ療法、食事管理、運動など色々ありますが、

 

・PMSの原因は完全には解明されていないこと。

・症状が個別に違う為に、それぞれに合った治療法があること。

・置かれている生活環境の違い。

 

これらに加えて、症状を緩める要因、加速させる要因も

それぞれの方によって異なるため、

ご自身に合った治療法を見つけていかなければなりません。

 

 

 

PMSへの鍼灸の働きかけ

 

血流を促し、自律神経を整えることで症状を和らげます。

今まで他の治療法で症状が緩和されなかった方も、

鍼灸の効果を試してみてください。

 

PMS鍼灸の料金は、こちら